• ふくしまの地から新たなエビデンスを世界に向けて発信
  • Fukushima Medical University - Department of Hematology

お知らせ News

2021.9.18
第224回 日本内科学会東北地方会 9月18日 第224回日本内科学会東北地方会で遠藤麻美子先生が発表を行いました。
「出血症状を繰り返し治療に難渋した後天性血友病Aの1例」
2021.8.30
森博隆先生のScoping ReviewがIJHの電子版に掲載されました。 森博隆先生のScoping ReviewがIJHの電子版に掲載されました。形質芽球性リン
パ腫リンパ腫の新たな診断アルゴリズムを提唱しています。
Heterogeneity in the diagnosis of plasmablastic lymphoma, plasmablastic
myeloma, and plasmablastic neoplasm: a scoping review.
Mori H, Fukatsu M, Ohkawara H, Oka Y, Kataoka Y, Taito S, Ikezoe T.
Int J Hematol. 2021 Aug 30. doi: 10.1007/s12185-021-03211-w. Online
ahead of print.
2021.7.30
深津真彦先生による症例報告が論文化されました。 深津真彦先生による症例報告が論文化されました。急性骨髄性白血病に合併した
後天性フォンビレブランド病の症例報告です。
A Case of Acquired von Willebrand Syndrome Complicated by Acute
Myelomonocytic Leukemia.
Fukatsu M, Ohkawara H, Takahashi H, Mori H, Yaginuma M, Endo M,
Shichishima-Nakamura A, Sano T, Harada-Shirado K, Kimura S, Ogawa K,
Hashimoto Y, Ikezoe T.
2021.7.4
第39回 日本血液学会北陸地方会 7月4日 第39回日本血液学会北陸地方会(会長 森下英里子先生)で
池添隆之先生が特別講演を行いました。
「TMAの診断と治療~移植関連TMAを中心に~」
2021.6.4
第69回 日本輸血・細胞治療学会学術集会 6月4日 第69回日本輸血・細胞治療学会学術集会(会長 田野﨑隆二先生)で
池添隆之先生が教育講演を行いました。
「TMAの診断と治療」

医療関係者の皆様へ

当講座では新薬の開発や既存薬の適応拡大を目指す多施設共同臨床試験に参加しています。
今後も積極的に国内外の臨床試験に参画し、有望な新薬の開発等に寄与したいと考えております。
臨床試験の対象疾患、エントリー適格基準や除外基準などは「臨床試験」のカテゴリーに公開してございます。
2021年6月に患者登録可能になった試験につきましては、下記より詳細をご確認ください。

ページトップへ戻る