• ふくしまの地から新たなエビデンスを世界に向けて発信
  • Fukushima Medical University - Department of Hematology

お知らせ News

2022.6.14
森 博隆先生の論文がThrombosis Jに掲載されました。 HMGB1やヒストンH3が感染症や造血器腫瘍に合併したDICの予後不良マーカーとなることを、多施設共同前向き試験で明らかにしました。

Mori H, Kataoka Y, Harada-Shirado K, Kawano N, Hayakawa M, Seki Y, Uchiyama T, Yamakawa K, Ishikura H, Irie Y, Nishio K, Yada N, Okamoto K, Yamada S, Ikezoe T.

Prognostic value of serum high mobility group box 1 protein and histone H3 levels in patients with disseminated intravascular coagulation: a multicenter prospective cohort study.

Thromb J. 2022 Jun 13;20(1):33.
2022.6.13
再発難治、あるいは初発AMLに対するCDK9阻害薬のfeasibilityを評価する臨床第 1相試験結果がCancer Sciにアクセプトされました。 Ikezoe T, Ando K, Onozawa M, Yamane T, Hosono N, Morita Y, Kiguchi T, Iwasaki H, Miyamoto T, Matsubara K, Sugimoto S, Miyazaki Y, Kizaki M, Akashi K.
Phase I study of alvocidib plus cytarabine/mitoxantrone or cytarabine/daunorubicin for acute myeloid leukemia in Japan.
Cancer Sci.2022 Jun 11.
2022.6.13
日本人AML患者に対するアザシチヂンと通常化学療法の効果をランダム化比較検討した多施設共同試験結果がIJHに掲載されました。 Iida H, Imada K, Ueda Y, Kubo K, Yokota A, Ito Y, Kiguchi T, Hata T, Nawa Y, Ikezoe T, Uchida T, Morita Y, Kawashima I, Chiba M, Morimoto K, Hirooka S, Miyazaki Y, Ohno R, Naoe T; Study Group.
A phase II randomized study evaluating azacitidine versus conventional care regimens in newly diagnosed elderly Japanese patients with unfavorable acute myeloid leukemia.
Int J Hematol. 2022 May;115(5):694-703.
2022.6.13
酸性スフィンゴミエリナーゼ欠損症に対するオリプターゼα(サノフィ社)の効果を検証する臨床試験結果がGenet Medに掲載されました。 Wasserstein M, Lachmann R, Hollak C, Arash-Kaps L, Barbato A, Gallagher RC, Giugliani R, Guelbert NB, Ikezoe T, Lidove O, Mabe P, Mengel E,Scarpa M, Senates E, Tchan M, Villarrubia J, Chen Y, Furey S, Thurberg BL, Zaher A, Kumar M.
A randomized, placebo-controlled clinical trial evaluating olipudase alfa enzyme replacement therapy for chronic acid sphingomyelinase deficiency (ASMD) in adults: One-year results.
Genet Med. 2022 Apr 26:S1098-3600(22)00716-X.
2022.5.30
第70回日本輸血・細胞治療学会学術総会にて池添教授が講演を行いました。 5/28(土)に第70回日本輸血・細胞治療学会学術総会(名古屋大学 松下正先生会長)のイブニングセミナーで、
池添教授が「新規な作用をもつ抗凝固薬rTMのDIC治療における位置付け」で講演を行いました。

医療関係者の皆様へ

当講座では新薬の開発や既存薬の適応拡大を目指す多施設共同臨床試験に参加しています。
今後も積極的に国内外の臨床試験に参画し、有望な新薬の開発等に寄与したいと考えております。
臨床試験の対象疾患、エントリー適格基準や除外基準などは「臨床試験」のカテゴリーに公開してございます。
2022年6月に患者登録可能になった試験につきましては、下記より詳細をご確認ください。

ページトップへ戻る